ãŠå•ã„合せ
 日本道徳性発達実践学会
 The Japan society for Studies of Educational Practices on Moral Development
TOP 会則 7023366659 入会手続き (267) 474-8503
 

 å­¦ä¼šã‹ã‚‰ã®ãŠçŸ¥ã‚‰ã›

日本道徳性発達実践学会第18回香川大会
第35回道徳性発達研究会のご案内(第2次案内)

大会テーマ「道徳科の評価と道徳性の発達について考える」


 梅雨の候、会員の皆様におかれましては、なお一層ご活躍のことと拝察いたしております。
 さて、2018年度の日本道徳性発達実践学会は、香川大学教育学部幸町キャンパスにて8月25日(土)~26日(日)に開催いたします。
 2018年度には小学校において、「特別の教科 道徳」(道徳科)が完全実施を迎えました。中学校でも、次年度の全面実施を迎えて、評価や年間指導計画の見直し等で準備が進められていることでしょう。
 そこで大会テーマを「道徳科の評価と道徳性の発達について考える」とし、子どもたちの道徳性発達を促すためにどのような授業を構想できるのか、また昨今話題になっている道徳科の評価をいかに実施していくのかについて探っていきたいと考えています。 このテーマに基づいて、講演、ディスカッションやシンポジウム「考え、議論する道徳授業づくりを多面的・多角的に検討するーモラルジレンマ授業を中心にしてー」などを予定しています。講演は、上越教育大学副学長の林泰成先生にお願いしております。 また、道徳の実践等に関する悩みや質問に、その場で即興的に「考え・議論する」ディスカッションの時間を昨年に引き続き設けました。会場からのさまざまな疑問をその場で受け付け、その場で多面的・多角的に考え合うことをねらっております。奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。
 不明な点がございましたら、お手数ながら、大会実行委員会までお問合せください。
 皆様にお会い出来ますことを楽しみにしております。

【大会開催日】2018年8月25日(土)・26日(日)
【大会会場】香川大学教育学部幸町キャンパス 教授法演習室 411教室      香川県高松市幸町1-1
【主 催】 日本道徳性発達実践学会 日本道徳性発達研究会
【共 催】 香川大学教育学部
【後 援】 香川県教育委員会(申請中) 高松市教育委員会(申請中)

◆理事会:25日午前11時~ 編集委員会:25日午前11:40~


開催要項・参加申し込み票のダウンロードはこちらから
 第18回香川大会開催要項 (第二次案内)


明治図書から「新モラルジレンマ教材と授業展開」小・中学校編が各々刊行されました。
 道徳科における問題解決的な学習にも大変参考になる書です。ぜひご一読ください。

  
画像をクリックしていただくと明治図書のホームページが開きます

「わたしたちの道徳」教材別ワークシート集発売


「わたしたちの道徳」を活用した授業展開例をワークシート付で紹介しています。

  7058842533 3213367549579-631-6085
画像をクリックしていただくと明治図書のホームページが開きます

 
新刊のご案内



道徳の教科化に向けて、
学校教育全体で取り組む
道徳教育の参考書


 
研究機関誌
道徳性発達研究
 


「世界の学校予防教育 心身の健康と適応を守る各国の取り組み」
山崎勝之・戸田有一・渡辺弥生 編著
金子書房

(226) 415-6420



「学校や学級で語り合う
スマホ時代のリスクとスキル」

竹内和雄 著
北大路書房

9144739346


モラルジレンマ教材でする白熱討論の道徳授業

9563968220

身近な生活の中で出会う「どうしよう、どうしたらいいの?」という迷ったり悩んだりする葛藤場面を教材化し、授業づくりのヒントを紹介。ワークシート、価値分析、発問表、など書き込みカードも紹介。
 æ›´æ–°å±¥æ­´
2017,7,28 第17回立命館大会の二次案内を掲載しました。
2017,5,5 新刊「新モラルジレンマ教材と授業展開」発売のお知らせをアップしました。
2016,9,1 道徳性発達研究のページと役員のページを更新いたしました。
2016,8,2 第16回同志社大会の二次案内を掲載しました。
2015,10,8 役員名簿を更新しました。
2015,9,30 第15回同志社大会のお礼、「わたしたちの道徳」ワークシート集発売のお知らせをアップしました。
2015,8,15 第15回同志社大会の二次案内を掲載しました。
2015,6,29 研究機関誌「道徳性発達研究」のページを更新しました。
2015,6,17 第15回同志社大会の案内を掲載いたしました。
2014,10,23 第14回立命館大会の案内を更新、参加申込み書をアップしました。
2014,9,17 第14回立命館大会の案内を掲載いたしました。
2014,6,8 会員の出版物の紹介をアップしました。
2014,5,3 論文「道徳性発達研究会が開発したモラルジレンマ資料」をアップしました。
2014,4,10 役員名簿を更新しました。
2013,9,15 第13回香川大会の最終案内をアップしました。
2013,7,20 リンク集のページに文科省の「道徳教育の充実に関する懇談会」へのリンクを追加しました。
2013,6,6  第13回香川大会の案内を掲載いたしました。
2013,5,11 研究機関誌「道徳性発達研究」のページを更新しました。
2013,5,3 役員、リンクページを更新しました。
2013,5,2 会則を更新しました。
2013,5,1 学会ホームページをアップしました。

学会事務局 事務局長 植田和也
    
 〒760-8522 高松市幸町1番1号 教育学部 植田研究室
    TEL 087-832-1509   FAX 087-832-1509
    学会メール  doutokusei(at)gmail.com  (at)→@  
    事務局メール  k-ueta(at)ed.kagawa-u.ac.jp   (at)→@  

ホームページ管理者  京江 光之  岡山県瀬戸内市立長船中学校
  
『Handbook of Moral and Character Education』が出版されました

 ヌッチ教授の要請を受けて、これまで兵教育大学の荒木研究室で行われてきたモラルジレンマ授業実践とその成果を中心に日本における道徳教育についてまとめられています。


4842363842 
 
『Handbook of Moral and Character Education』
 Edited by Larry Nucci, Darcia Narvarz & Tobias Krettenauer
 Rout ledge, 2014


荒木理事長とヌッチ教授との共同研究がアメリカの学会誌に掲載されました

 
 Copyright JSSEPMD All Right Reserved.